ぴっか運営ブログトップ > 便利なツール > ホームページに使う画像をインターネットで探してみよう!

便利なツール

ホームページに使う画像をインターネットで探してみよう!

ss-pdp-1.jpg

ぴっかで作るホームページでは、背景に大きく表示される写真画像によってページ全体の印象が大きく決まります。また、「フォト」「フォト+テキスト」「メニュー」といったレイアウトのページでは、ページ内で写真を表示することで、製品やサービスの情報をより効果的にユーザーに対して訴求することができます。

店舗の外観や取り扱っている製品、ご自身の作品やポートレイトなど、「これは」という写真がある場合は、オンラインの画像編集サービススマートフォンのアプリなどを使って加工すればOK。でも、利用者のみなさまの業態や活動内容、サイトの目的などによっては、「背景に使うような写真が無いよ」という方もいらっしゃるはず。

そんな時は、インターネット上でお気に入りの画像を見つけて使ってみましょう!

インターネット上にある画像を使う時の注意点

インターネット上には画像素材を配布しているサイトがたくさんあります。でも、これらのサイトの画像の全てが無料で使いたい放題というわけではありません。各サイトやその中で扱う画像は、各種のライセンスによって、

  • 商用利用の可・不可
  • 編集や加工の可・不可
  • 著作権表示の要・不要
  • 対価の支払の要・不要

など、様々な利用形態が規定されています。こうした規定を無視して勝手に画像を使ってしまうと、のちのち様々なトラブルを引き起こしかねません。

パブリックドメインとは

パブリックドメインというのは、著作物や発明などの知的創作物についてのライセンスの一形態で、著作権や知的財産権などの権利が放棄されたり消滅したりした状態のことを言います。

つまり、パブリックドメインの状態になっている画像については、著作権表記も必要無く、自由に編集や加工を行った上で、ホームページ上で使ってもほぼ問題が無いと考えることができます。

  • ※ただし、領域内に人物(モデル)やロゴ、特定の企業の製品などが写り込んでいる画像を使う場合、画像そのものがパブリックドメインであっても、写り込んでいるそれら対象物の肖像権や意匠権を侵害してしまうことがあるので注意が必要です。

パブリックドメインの画像を探す

残念なことに、パブリックドメインの画像を集めているサイトのほとんどが英語サイトです。weblio英和・和英辞典Google翻訳などのサイトを使って、検索キーワードを翻訳しながら、お気に入りの画像を探しましょう!

PublicDomainPictures.net

PublicDomainPictures.netはイギリスのBobekという企業が運営している、パブリックドメインの画像配布サイトです。検索結果一覧などに、関連する有料のストックフォトの一覧なども表示されるので注意してください。

ss-pdp-2-elephant.jpg

これがトップページです。Random Free Picturesという欄に、登録されたパブリックドメインの画像がランダムで表示されています。

  • ※ただし、その下にあるProfessional Stock Photos from $1という欄の写真は有料のストックフォトなので注意しましょう。

右上の検索欄でキーワード検索することができます。試しにelephantと入力して、像の画像を探してみましょう。

ss-pdp-3-elephant-list.jpg

像の画像の一覧が表示されました。試しにどれか選んでクリックしてみましょう。

  • ※こちらも、下にあるProfessional Stock Photos from $1という欄の写真は有料のストックフォトなので注意しましょう。

ss-pdp-4-elephant-detail.jpg

画像の詳細画面になりました。まずは下部のLicenseの欄にThis image is public domain.(この画像はパブリックドメインです)という記載があることを確認しましょう。画像をクリックすると、ダウンロード用のオリジナルサイズの画像が表示されますので、右クリックして保存しましょう。

  • ※画像の下のPremium Downloadというボタンは、有料画像のダウンロード用になるのでクリックしないでください。

ウィキメディア・コモンズ

ウィキメディア・コモンズはWikipediaと同じウィキメディア財団によって運営されているサイトで、誰もが自由に利用できる画像・音声・動画などのメディアファイルが保管されています。

  • ※ただし、「誰もが自由に」といっても、著作権表示の必要なものや改変(編集・加工)不可のものなどもあるので注意が必要です。

ウィキメディア・コモンズのメディアのうち、パブリックドメインのものについては、以下のページの下位カテゴリの欄にリストアップされています。

ss-wc-1.jpg

ざっと見たところ、世界各国の歴史的な(昔の)画像などが多数収録されているようです。ただ、それ以外の一般的な用途の画像などは少ないように感じました。例えばNの続きの欄にある[+] PD Norwayをクリックしてみましょう。

ss-wc-2.jpg

ノルウェーの資料写真でしょうか。上段左から三番目の1. desemberという写真をクリックしてみます。

ss-wc-3.jpg

写真の詳細表示画面になりました。上部にあるDownloadというボタンをクリックすると、ダウンロード用の画面が表示されます。

ss-wc-4.jpg

下部にあるDownload image file:という欄に並んでいるリンクをクリックすると、様々なサイズの画像が表示されます。欲しいサイズの画像を見つけたら、右クリックして画像を保存しましょう。

終わりに

今回は二つのサイトを紹介しましたが、Googleなどでpublic domain imageなどのキーワードで検索すると、同様のサイトが他にも出てきます。日本語の紹介記事などもあるようなので、参考にしてみてください。

comments

この記事に関するご意見・ご質問・お問い合わせはこちらから